2012年7月27日金曜日

太田記念病院ヘリポートが開設しました!

町田です。

まずはこちらから!
http://drheli.blog55.fc2.com/blog-entry-367.html
ぐんまちゃんが高知県ドクターヘリ『勇気の花』号に同乗させて頂きました。なかなか直接スタッフ同士が交流できる機会がないのですが、このような形で群馬のことを思っていただけるとうれしく思います。群馬もあのキャラクターを見ると高知のヘリを思っていますよ!


群馬も連日猛暑です。
夕立がなかった翌日は、朝の群馬ヘリポートでの準備の時点で外気温が30度を超えていて、汗が吹いても吹いても噴出している状態です。熱中症対策はスタッフにも必須です。昨日は昼の時点の外気温は37度ごえ・・・経口補水液を片手にヘリに乗り込みました。
学校は夏休みですが、暑いのでプールは大人気です。
砂が飛ばないよう、支援隊の方々に入念な水撒きをして頂きました。

6月より群馬県内で新たに救命救急センターとして開設した太田記念病院(旧・総合太田病院)ですが、病院に併設しているヘリポートが今月23日より使用可能となり、さっそく昨日傷病者搬送のために利用させていただきました。

群馬県は夏の落雷、冬の強風が名物にもかかわらず重症患者がよく搬送される高度救命救急センター、大学病院、県立病院はすべて屋上ヘリポート、またもう1つの救命救急センターはヘリポートが近くを流れる大きな川の反対側という欠点があります。このような中で地上ヘリポートを併設した救命救急センターが出来た事は、群馬県の救急医療にとって本当に大きなことです。

初めてのヘリポート使用ということもあり、多くのスタッフや患者さんに見守れての着陸となりました。多くのスタッフの皆さんに声をかけていただき、また離陸の際はご声援いただきありがとうございました。
ゆっくり申し送りをする予定でしたが、次の要請が
入りヘリポートで引継ぎ、すぐに離陸となりました。
臨機応変に対応していただきありがとうございました。


夜は地域住民への皆様への感謝の気持ちと職員の福利厚生で、 毎年恒例の『前橋日赤夏祭り』が開催されました。病院スタッフ自らが出店を開き、だんべい踊りなどの披露もありました。地域の皆さんや病院スタッフの家族の皆さんがたくさん訪れ大いに盛り上がりました。
地域住民の皆様と家族の協力に支えられていることを実感し、あらためてこころより御礼申し上げます。また、朝から暑い中準備を続けていたスタッフの皆様に感謝いたします。

2 件のコメント :

  1. 酷暑の中,お疲れ様です。

    地上ヘリポート併設の太田記念病院,ドクヘリにとっても,受入病院にとっても,消防にとっても,そして何よりも傷病者にとって素晴らしいことですね。
    前橋赤十字病院の新病院も,このような充実した施設ができることを願っています。

    ・・・それにしても,意外とヘリポートと病院施設との距離が近いのですね。驚きました。

    返信削除
  2. itakura先生、ありがとうございます。

    太田記念病院は新しいだけではなく、救急のスタッフの皆さんがとても情熱的でかつ親切にいつも対応していただいており、本当に力強い限りです。
    ヘリポートは思った以上に近くてびっくりしました。安全管理がかなり重要になります。

    前橋赤十字病院の新病院建設・・・一介の職員には進んでいるようには感じません。

    返信削除

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...