2011年10月23日日曜日

「空の日フェスタ」に参加しました。その1 ~子供たちの笑顔に支えられて!~

フライトドクターの町田です。

10月22日(土)に群馬ヘリポートで開催された『空の日フェスタ』に群馬県ドクターヘリも参加しました。とはいっても朝からの雨模様で雲が非常に低かったため屋上ヘリポートからなかなか離陸することができず、ようやくお昼過ぎの一瞬のタイミングを見計らって群馬ヘリポートにたどり着くことができました。その後はやはり雲が低くドクターヘリは運休・・・その間に館林、多野藤岡、前橋と3消防から要請をいただきましたが出動することができませんでした。でもこのような積極的な要請が、一人でも多くの救命、社会復帰に必ずつながっていきます。

『空の日フェスタ』にはあいにくの天気でしたが多くの方が来場していました。残念ながら雄飛航空さんの遊覧飛行のは延期になってしまいましたが、群馬県警ヘリや群馬県防災ヘリのデモ飛行やホイスト体験などがあり、多くの航空ファンから大きな歓声があがっていました。また、たくさんの子供たちに実際にドクターヘリの中に乗ってもらったり、ドクターヘリに関する様々な質問を受けたりなど、普段応援してくれている子供たちと交流する機会を持つことができました。みんな笑顔が素敵でした!
「大きくなったらフライトドクターになります!」と大きな声で呼びかけてくれた子と一緒に写真を撮ったり、フライトスタッフへの激励のお手紙をいただいたりなど、本当にうれしいことも多くありました。

子供たちの夢をかなえるため、皆さんの応援を励みにして、これからも群馬県ドクターヘリは一人でも多くの方のために頑張って活動いたします!


☆たくさん写真を撮りましたので紹介します。☆

昼過ぎに一瞬のタイミングを見計らって離陸しました。
雲が低いため安全第一でゆっくりと会場に到着です!

会場に着陸してローターの音が小さくなるとともに、
多くの方の歓声が聞こえました。感激です!
 
(左上)ビンゴ会場&消防ブース。午前中はここから救急隊が出動したそうです。
(右上)警察ブース。なかなか面白い県警グッズが売っていました。買い損ねてしまった・・・
(左下)雄飛航空ブース。ヘリならではの部品が売っていました。
(右下)地元の名物のお弁当、お菓子もありました。もちろん買いましたよ!

日本赤十字社群馬県支部のブースです。日赤飛行隊のヘリも2機が会場に飛来しました。
AKBも来ていましたよ。おじ様方の記念写真が多かったような・・・(僕は我慢!)
東日本大震災における災害救護活動報告のパネル展示も行いました。
右下には献血キャンペーンのゆるキャラも・・・ちょっとさびしそう。

ドクターヘリ内覧会の様子です。多くの方に見学に来ていただきました。
将来パイロット、メカニック、フライトナース、そしてフライトドクターに
なりたい子供たちが集まっていました。未来のフライトスタッフがそろいました。
(CSは勤務活動場所の都合で会場の来られず・・・寂しそうなのでお土産届けましたよ!)

ついに親子2代のフライトドクター誕生!?

~子供たちの笑顔に支えられて!~
たくさんの応援と激励のお手紙、本当にありがとうございます!!
僕たちもみんなの夢がかなうよう、一生懸命応援します!

群馬県防災ヘリや群馬県警ヘリの活躍の様子は次回に・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...