2011年9月1日木曜日

平成23年度広域医療搬送訓練@航空自衛隊入間基地

前橋赤十字病院初動救護班(DMAT)隊員の町田です。

今日9月1日は関東大震災が起こった日で、それに関連して今では防災の日となっています。
毎年9月1日に政府総合防災訓練における広域医療搬送訓練が行われており、今年は埼玉県の航空自衛隊入間基地にて実施されました。
昨年の訓練では域内搬送部隊として群馬県ドクターヘリで訓練に参加させていた僕ですが、今年はSCU内で域内運航調整本部のサブリーダーとして参加させていただきました。

朝から群馬は大雨・・・
朝から群馬県は台風の影響で大雨で一部道路の冠水や高速道路の通行止めがある状態でした。そのような中で群馬を離れるのにうしろ髪を引かれる思いがありましたが、高速道路の通行止めに合いながらもなんとか入間基地に到着・・・なんと入間基地は雨は降っておらず時々薄日がさす天気でした。





しかし台風の影響でドクターヘリの参加が厳しいため、当初予定していたドクターヘリ運航調整から、参集したDMATや救急隊による域内搬送を調整する部門(域内運航調整本部)の任務を行うこととなり、埼玉医科大学総合医療センターDMATとともに活動することとなりました。ちなみにリーダーは埼玉医大の福島先生で、実は群馬でドクターヘリが始まったころに講演会をしていただいたり、群馬のドクターヘリの患者さんを受けていただいたりと、大変お世話になっておる先生の下でチームを組むことができたのは大変心強かったです。


今回は自衛隊機による広域搬送に加えて域内にも後方搬送したり、ドクターヘリが使用できないときに患者さんをDMATで迎えに行ったりと、例年のSCU訓練よりもかなり複雑な活動となりました。訓練中には様々な問題点が出てきたりしましたが、ひとつひとつ解決していきながらなんとかミッションを完遂することができました。





埼玉医科大学総合医療センターと前橋赤十字病院の
合同チーム!お隣県同士で息もぴったりでした!!
域内搬送調整本部で搬送手段と搬送先を決定し、SCU本部と搬送
する患者さんを調整して、DMATの救急車で域内搬送しました。
今回の訓練で得た反省点を今後の活動に必ずいかしていこうと思います。
また、大雨で群馬は大変なことになっていましたが、訓練に出ている間に留守番で働いていただいたスタッフに感謝いたします。
群馬県は相変わらずの大雨で、帰り道も高速道路の一部は
通行止めでした。帰還してからきちんとミーティング(反省会)
を行いました。今回の経験を今後必ず生かせるように・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...