2011年8月4日木曜日

群馬県内全ての校庭をランデブーポイントに!

高度救命救急センター長・集中治療科部長・救急科部長の中野実です。2度目の登場です。


8月2日に文部科学省、群馬県教育委員会の主催で群馬会館にて開催された平成23年度学校安全協議会において「群馬県の救命救急医療の現状と救急法」というお題で講演をさせていただきました。群馬県内の市町村立幼・小・中・特別支援学校の安全教育担当教員の方々約200名が聴講者で、一部県立高校の教員の方もおられました。「ドクターヘリ」についてのお話をさせていただきましたが、最後に「群馬県内全ての校庭をランデブーポイントに」を〆の言葉として講演を終らさせていただきました。

ランデブーポイントへの登録申請は消防機関が県への申請で始まりますので、まずは消防機関が登録申請しないとランデブーポイントになりません。従って、校庭がランデブーポイントとなっている率は消防により大きな差があります。

ランデブーポイントとなっていない学校の先生には、校庭をランデブーポイントとして県へ登録申請していただくように、まずは消防に対して申し出ていただくことを、ぜひお願い申し上げます。

ドクターヘリ運航開始から現時点までの「校庭利用数ベスト3」を発表します。
・第1位(5回) みどり市立笠懸東小学校
・第2位(4回) 群馬県立桐生女子高等学校
・第3位(3回) 高山村立高山中学校、高崎市立中尾中学校、
           群馬県立藤岡中央高等学校、群馬県立藤岡工業高等学校、
           前橋市立粕川中学校、前橋市立東中学校
いつも、県民の救命のため、ご協力ありがとうございます。
(写真左)群馬県立桐生女子高等学校、(写真右)みどり市立笠懸東小学校です。
学校の先生や生徒・児童の皆さんの声援、安全確保、いつもありがとうございます!   

渋川消防管内は校庭がランデブーポイントに指定されている学校はひとつもありません。
中野の母校の小学校と中学校があるのですが・・・ (´・ω・`)ショボーン



ぜひ温泉と自然豊かな群馬へ!
都内から約1時間とアクセス良好です!
話は全く変わりますが、部長という立場から一言。“全国のER・ICU・災害医療に興味のある初期研修医の皆さん、後期研修施設の1つの候補として、ぜひ当院集中治療科・救急科に見学にいらしてください。”
「百聞は一見に如かず」です。特に、群馬県内の初期研修医の方々も含め、将来、群馬県内での救急医療に関与したいとの希望のある方はお勧めです。また、将来的には救急医療を本業とせず他科希望の方でも、後期研修の間に1年間とか2年間とか救急医療を学んでみたいという方も柔軟に受入れいたしますので、大歓迎です。
まずは、ぜひ見学を。お待ちしております。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...