2011年7月17日日曜日

JATEC仙台コース&東毛ICLSコース(館林)

JATEC&ICLSインストラクターの町田です。

当科の大事な仕事の一つに“教育・研修コース”での指導がありますが、今週末の僕は当院で開催ではないコースにインストラクターとして参加しました。


☆7/16(土):JATEC仙台コース(東北大学医学部保健学科)
高崎から新幹線にのって3時間弱で
もう仙台に到着です!

震災後初の宮城県での開催でした。本来は2日間のコースですが、僕は1日目だけの参加となりました。DMATで石巻で活動して以来、4か月ぶりの宮城県でした。何も変わらずに新幹線が動いていて、またこの日は東北6県の夏祭りが一同に集まる“東北六魂祭”が開催されることもあり、大勢の人が集まっていました。しかし地元の先生方と話をすると、同じ仙台市でもまだ海岸側の津波の被害が地域はがれきの片付けもままならず、避難者もまだいらっしゃるとのことです。

今回の会場は東北大学。
一部外壁を修復中でした。
尚、今回のコースの受講生の中に3月まで石巻市立病院で初期研修医をされていた先生がいらっしゃいました。3/14-15にDMATで活動した時に同院に残っていた病院スタッフ皆さんの多大なる協力に助けられたことがあり、今回ようやくそのお礼をすることができました。思わぬ再会に本当にびっくりしたとともに、早期の復旧・復興を願うばかりです。また、石巻赤十字病院の先生もいらっしゃいました。大変なご苦労をされている中での参加でしたが、本当に一生懸命に受講されていました。今月末から当科スタッフを2週間派遣させていただきますが、少しでもお役にたてるように努力いたします。




震災の影響でまだ日常診療が忙しい中ですが、
受講生の熱心さはすごいものがありました!


☆7/17(日):東毛ICLS(館林高等看護学院)

会場の館林高等看護学院です。
本日ICLSコースが開催された館林市は、最高気温38.7度と日本一を記録しました。
会場は看護学校でしたが、非常にきれいでしかもエアコンも作動していただき(もちろん節電モードで)、外の暑さを忘れるくらい快適な環境を提供していただきました。
今回はブース付インストラクターとして参加させていただきましたが、午前中はインストも受講生も緊張していたようで、少し静かなコースになてしまいました。しかし、午後になってインストも受講生も声が出てきて元気に楽しく、そしてしっかりと今回のコースのコンセプトを学んでいただけたと思います。コース終了後すぐにでも目の前に倒れている人がいれば、きっといい活動をしていただけるでしょう。

朝から夕方まで胸骨圧迫をし続けていただきました!

2日間とも暑かったですが、1日目は外傷、2日目は蘇生のコースで充実した時間を過ごすことができました。ちなみに仙台のコースでは、僕が幼少期にいろいろ面倒を見てもらった方とも再会しました。いろいろな出会いにあふれた週末でした。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...