2011年6月3日金曜日

お疲れ様&ようこそ!

今週はICU当番リーダーの町田です。

この時期は当科が関係する学会の学術集会がラッシュのように開催されていて、先月末の日本外傷学会に引き続き、6/2から2日間東京で日本熱傷学会が、そして今日から2日間札幌(いいですね~)で日本臨床救急医学会が開催されていて、当科からもスタッフが演題発表やシンポジウムの共同演者などで参加しています。新しい情報をいっぱい持って帰ってきてくださいね。ブログでも学会参加したスタッフからの報告を行う予定です。来週末には日本呼吸療法医学会も開催されます。
もちろんその間も当院救急外来、集中治療室、ドクターヘリは、いつも通り動いていますよ!


県立病院群初期研修医の鎌裕一先生が、当科で5月2日より1か月間救急医療の研修を行っていました。http://drheli-gunma.blogspot.com/2011/05/blog-post_08.html
救急外来2週間、集中治療室2週間と短い期間でしたが、当科のスタッフとして一生懸命頑張ってくれました。今週は集中治療室の重症呼吸管理の患者さんを担当していましたが、しっかり評価&治療戦略を考察し、主治医の先生方とも上手に連携して仕事をしてくれました。寂しいことに今日で当科での研修は終了ですが、本当に1か月間お疲れ様でした。次の研修先でも頑張ってください。また一緒に働ける日が来ることを期待しています。

笠原先生(写真右)です。
雨宮先生のもと当直に入ります。
そして4月より当科内科後期研修をローテーションしている笠原礼光先生が、本人の強い希望で6月から当科で研修を行うことになりました。1か月間おもに救急外来での研修になりますが、さっそく初日から初療にあたってもらっています。
他科の先生から当科研修の希望をいただくことは、当科としてもとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。

また、群馬大学から医学部6年生が救急領域の病院実習のため2週間ごとに来ています。また全国の医学生が当科に見学に来てくれています。最近は皆さん指導医から離れずとにかく一生懸命で、当科スタッフも学生とすがすがしい充実した時間を過ごしています。当直実習で徹夜に巻き込まれた医学生もすでに数人発生していますが、みんな疲れた顔の中に充実感があふれています(あくまで僕の主観ですが・・・)。将来救急医療を目指す人が1人でも出てくることを楽しみにしています!

先月当科で実習した学生さんからいただいた写真です!
(群馬大学医学部附属病院屋上ヘリポートに着陸するドクターヘリ)
実習中の学生さんには、要請があった時のCSやER当番の動きを見てもらったり、患者さんの
ヘリポートへの迎えに同行したり、実際にドクターヘリに案内してヘリの見学を行っています。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...