2011年6月13日月曜日

第14回日本臨床救急医学会に参加しました。

集中治療科・救急科&フライトドクターの中村です。


6月3日(金)、4日(土)北海道の札幌市 札幌コンベンションセンターにて第14回日本臨床救急医学会に参加してきました.


当院からの発表演題は2題でした.
1日目に
・中村:「災害超急性期 ドクターヘリ使用経験 -岩手県ヘリ運航調整本部を経験して-」
2日目に
・小倉:「Edwardsiella tarda感染によりSeptic shockになった一救命例」

我らが中野部長は1日目に座長をされておりました.それ以外は会場でお会い出来ませんでした!?

今回の演題の中で興味を持ったのは「Post-Cardiac Arrest Syndrome(PCAS)」です.当院にも心肺停止の患者さんが多数搬送されてきますが,社会復帰する方はごくわずかです.今後も,“脳蘇生”の必要性を強く感じました.

学会終了後?,墓参りに行き,18時発のJALで帰ってきました.「First Classに空席があり,8000円で座れる」とアナウンスがありましたが,財布と相談し断念しました・・・.残念.


今日から中村、町田で立川の災害医療センターで開催されている日本DMAT隊員養成研修のスタッフで参加しています.

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...