2011年5月29日日曜日

ERナース新スクラブ&歓送迎会

ただいま当直中の町田です。
土曜日は教育研修推進センターでは前橋ICLSも開催されました。(ひとつ前の日記で宮崎先生がコースの様子を紹介しています!ぜひご覧ください。)


毎日救命センターではいろいろなことがありますが、金曜日はいろいろ行事がありました。

1.ERナースのスクラブが完成しました。
朝いつも通り出勤するといつもとERの雰囲気が違います。白が少ない・・・そうですERナース用の新スクラブが完成し使用を開始しました。ものすごく格好よくきまっています!
救急科も水色のスクラブを着ていて、ERがなんとなく青の世界になりました。

2.新人のドクターヘリOJTがありました。
朝から雨が降ったりやんだりのところで、赤城山の中腹より要請がありました。いけるところまでヘリで向かうこととして、2次ランデブーの可能性を考えながら出動。幸い視界は良く患者さんがいる近くのランデブーポイントまで行けました。
この日は小倉先生のOJTがありました。現場での患者さんへの声掛け、できる処置は現場で行う、できるだけ早く搬送に移ること(『DEEP PEOPLE』で3先生がおっしゃっていたこと)をいつも以上に意識して行いました。若い先生の同乗は、僕ら上級医にとってもよい刺激になります。

3.救急外来歓送迎会がありました。
夜は32階の高さを誇る群馬県庁の31階のレストランで、“救急外来歓送迎会”が開催されました。新しいスタッフの皆さん、これからよろしくお願いします。
またこの会には救急外来スタッフとともに朝日航洋のクルー、そして県庁の方もいらっしゃいました。東日本大震災で朝日航洋には特に現地での活動で、県庁には特に南相馬からの患者さん受入の際に多大なるご協力をいただきました。まだ現地では日赤救護班が活動していますが、ひとまず初動救護班(DMAT)の慰労をかねての集まりにもなりました。


土曜の朝にERに出勤すると、高度救急救命センターの前にすでに救急車が3台止まっていました。金曜日当直の岡森先生と初期研修医2年生の吉田先生が頑張ってくれました。前日の夜の歓送迎会の間に働き続けた2人に感謝して、さっそく日直帯で引継ぎをしました。

この日記は朝から書いていたのですが、ERに出ずっぱりで完成は遅くなってしまいました。ドクターヘリで搬送され患者の4科合同の初療&緊急手術もありました。ERデビューの初期研修医1年生の柴田先生にたったいま初めての初療リーダーを任命しました。救急車のピーポー音が聞こえてきたので、玄関に迎えに行ってきます。朝までまだまだ長い戦いです!

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...