2011年2月24日木曜日

“ER勉強会”とホームページ5,000Hits

集中治療科・救急科&フライトドクターの町田です。
昨日は“富士山の日”でした。なぜかわかりますか?(答えは一番下に・・・)


2/22はドクターヘリ症例検討会がありましたが、なぜか症例検討会の日はドクターヘリの出動がないジンクスがあり、今回もドクターヘリ出動がありませんでした。しかし、2/23は朝から連続出動があり、あわせて4件の出動がありました。夕方にはERで緊急開胸術もあり、なにかと忙しい日中でした。忙しい日中の影響なのか慢性的で相変わらずなのか、夕方には病院の空きベッドがなくなってしまい、救急隊や紹介の電話の対応に苦慮しています。(できる限り受入れている努力はしていますが・・・)


ところで、当科では月3〜5回ほど“ER勉強会”を開催しています。このER勉強会では対応に難渋した症例の検討や、プロトコールの作成・確認までを行い、スタッフが共通の認識を持って日々の診察を行えるようにしています。救急医療のなかではまだ治療戦略が確立されていない領域がまだまだあり、そのような場面に立ち向かわなくてはいけないときに、病院のハードやソフト面を考慮しながらそのときできるベストの方法をみんなで検討し、その中のいくつかは当院におけるプロトコールとして確立しています。(一酸化炭素中毒の高気圧酸素療法、脳低体温療法、PCPS導入基準、骨盤骨折の初期治療、など。)また、学会、教育研修コースや災害訓練などの参加報告を行い、常に最新の知識を共有出来るようにしています。


詳細については、集中治療科・救急科ホームページ内にあります。是非一度ご覧ください。
http://www.gunma-redcross-icuqq.com/navigation/index.html
ちなみに当科ホームページも遅ればせながらアクセス数5,000Hitsに達しました!どちらかと言うと医療関係者向けで作成しているのでその他の皆さまにはあまり面白くない部分もあるかもしれません。しかしながら当科に少しでも興味を持っていただこうと時々微妙に更新しながら運営していますので、これからもよろしくどうぞお願いします。

今週末は横浜で日本集中医療学会があります。集中治療室の勤務も当科の仕事の大きな柱で、今回の学会においても当科スタッフ3名から演題発表が予定されています。
また今月発刊された日本航空医療学会雑誌において、当科中村医師の“ドクターヘリと防災ヘリのコラボレーション”という症例報告が掲載されています。



*答え:2月23日→223→フジサン→富士山
(本当は2/23にアップする予定でしたが、当直でER対応のため間に合いませんでした・・・)

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...