2011年1月28日金曜日

“999件”と“早期要請”

突然ですが夜22時頃の高度救命救急センターの入口です。
救急車からのホットラインが入り、まもなく救急車が到着するところです。
救急車が到着する前の静寂なひと時・・・
救急車の音が聞こえてくると、当直スタッフは救急車を迎えに表に出てきます。

今日はドクターヘリの要請が2件ありました。
1件目はスキー場がある山間の村からでした。群馬県は南部(平野部)と北部(山間部)で全く天気が異なり、前橋市内は晴れていましたがその村の天気は雪で視界不良。ふもとの町まで搬送していただきドクターヘリと合流も検討しましたが、ふもとの町の病院が受け入れてくれることとなり未出動となりました。しかし、早期医療接触のためにドクターヘリを要請した判断は素晴らしいと思います。
2件目は交通事故で、救急隊現着前に消防本部通信指令課よりドクターヘリ要請がありました。消防覚知時に要請することは、最も早く治療開始ができるための最良の判断です!強風で屋上へリポートが使用できませんでしたが、前橋市内への出動であったため、フライトドクター・ナースがそのまま救急車に同乗し当院に搬送となりました。

今年は群馬の冬の代名詞である“上州の空っ風”が吹き荒れていて、ほとんどの日で群馬ヘリポート待機になっています。そのような季候の中ですが、今月もほぼ毎日ドクターヘリの要請があり、今日の時点で運航開始からの総要請数が999件となりました。ここのところドクターヘリ要請数は増加しているものの、相反して要請のタイミングが遅くなってきていることが気になっていましたが、今日は比較的早い時点でのドクターヘリ要請が行われていました。
朝の気温は氷点下の群馬ですが、赤城山の麓は雪がありません。
(いつも写真提供ありがとうございます。)

いつもブログの更新が夜中になってしまい申し訳ありません。今日も本当はこれから本題を書く予定でしたが、緊急事態の発生で多忙となりとりあえずここまでで終わりにします。明日以降にアップいたしますのでお待ちください。(23時から書き始めたのに、3時半の時点でここまでしか書けませんでした・・・)

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...